ニュース

/ニュース

Meitrack はJapan IT Week Spring 2016を参加しました

第25回Japan IT Week Spring 2016は5月11~13日東京ビッグサイトで開催しました。MeitrackグループのCEO-劉克倹さんは台湾子会社のセールスエリート、製品研究開発技術チームと共に今回の展示会を参加しました。

今回はMeitrackブランドが初めて日本の展示会で公開します。この展示会で、MeitrackはWCDMAの製品を発表しました。世界最小全帯域3G個人トラッカーMT90G、3G強磁石資産トラッカーT355G、3G車載GPSトラッカーT333を発表しました。そして、最新アップグレードしたの追跡システムMS03もこの展示会で発表しました。MT90Gはこの展示会で高度な注目が受けられます。討論や交流を通じて、実力が強いの日本会社二つはこの展示会でMeitrackと代理契約を締結しました。

 

Meitrackは革新を追求して、製品の品質を改善して、市場の競争力を上がります。今回の展示会を通じて、日本のクライアントの需要をもっと理解して、お客さんはMeitrackの製品やサービスに信頼感を上がります。MeitrackグループのCEO-劉克倹さんは、「Meitrackは日本の市場で製品を改善し、お客さんに完璧なIoTソリューションやサービスを提供します」と話しました。

By |June 28th, 2016|ニュース|

Meitrack 第25回Japan IT WeeK 春2016専門展にご招待

第25回Japan IT Week 春2016専門展は2016年5月11日から13日まで、日本東京ビッグサイトで開催します。Japan IT Week は日本最大的なITの専門展です。ここで、どんな最新的なIT技術とソリューションがもらえます。その時、IT分野のセールスエリート、高級管理執行官などは貴方と零距離でビジネスを相談します。

世界大手のテレマティクスと統合ソリューションの供給者にとして、Meitrackは最新的な3G製品 – 世界最小3G個人トラッカーMT90G、3G強力磁石資産トラッカーT355、3G車載GPSトラッカーT333を出展します。そして、アップグレードしたのGPS追跡プラットフォーム – MS03も今回で出展します。今回の展示会、MeitrackはIoT/M2M産業で、最も先進的技術とソリューションをシェアします。

アイデア交換やお問い合わせなどようこそ!

 

展示会名称:第25回Japan IT WeeK 春2016

展示会時間:2016年5月11日~13日

展示会単位:Meitrack グループ

ブース:東京ビッグサイト 、西ホール、W2-39

By |April 6th, 2016|ニュース|

Meitrack 新しいし製品 – MT90G

中国シンセン –2016年3月23日- MeitrackはMT90G、世界最小全帯域3G個人トラッカーが発売すると発表しました。この製品は高齢者、子供、ペット、単一の労働者、車載に適合します。MT90Gは内蔵両方コール機能、SOSボタン、転倒アラームなどがあります。そして、GPSトラッキングシステムが簡単に使えます。スマートフォンやPCでどこてもリアルタイムが追跡できます。

このデバイスは全帯域世界ローミングをサポートします。3G信号がない場合で、自動的に2Gネットワークを変更します。第三世代無線通信技術を使用すると、トラッキングデーター送信がもっと早いと安全になります。

MT90Gは内蔵転倒アラーム機能があって、私たちは密接に愛してる人を守られます。内蔵リチウム電池は著しい電池効率があります。IP65防水性はMT90Gに安定な動作性能を維持されます。

MT90Gの特徴:

3G(WCDMA)ネットワーク
ポータブルデザイン
転倒アラーム
両方コール
IP65防水性
180時待機時間

Meitrackは世界の卸売業者が募集中です。あなたの加入をようこそ!

問題とお問い合わせについては、このメールinfo@meitrack.comに届けてください。

By |March 23rd, 2016|Uncategorized, ニュース|

IoTで製造業の革新を 産官学の連携組織発足

工場や製品などあらゆるモノをインターネットでつなげる「IoT」と呼ばれる技術を普及させることで、製造業の革新を日本で推し進めようと、産官学が共同でつくるコンソーシアムが23日発足しました。

このコンソーシアムは、製造業や通信業など企業700社余りと、総務省や経済産業省、それに大学が参加する産官学の組織で、23日東京都内で設立総会を開きました。

冒頭、組織の発起人の慶應義塾大学の村井純教授が「IoTを巡り世界が動こうとしている。分野を超えて企業や省庁が集まることができたのは心強い」と述べました。また高市総務大臣は「IoTへの期待は高く、アベノミクスの第二ステージでも、IoTは鍵を握る分野だ。オールジャパンで推進していきたい」と述べました。林経済産業大臣は「具体的なIoTビジネスを次々に生み出すことが重要だ。妨げとなる規制は聖域無く改革し、ビジネス立ち上げの資金支援も最大限取り組んでいきたい」と述べました。

「IoT」=「インターネット・オブ・シングス」は、工場の生産設備や製品などあらゆるモノを、センサーとインターネットでつなぎ、そこで得られた膨大な情報を、製品の故障の予測や次の製品の開発に生かす技術で、第4次産業革命につながる技術と期待されています。

コンソーシアムでは、IoTの活用を軸として、車の自動運転技術の2020年の実用化を目標に、規制緩和の在り方などを検討するほか、小型の無人機「ドローン」を活用したさまざまなモデル事業の創出、それに部品の供給ネットワークの高度化、などを目指すことにしています。

製造業に新たな革新を起こそうという動きは、アメリカとドイツが先行していますが、日本としても産官学の連携で巻き返しを図る動きが本格化します。

By |October 23rd, 2015|ニュース|

メイトラック 第35回湾岸情報技術展示会にご招待

第35回湾岸情報技術展示会(Gulf Information Technology Exhibition)は2015年10月18日がら22日まで、ドバイ世界貿易中心で開催します。湾岸情報技術展示会は1980年から始め、世界第三大電子展覧会です。毎年4月と10月ドバイ世界貿易中心で開催します。

 

 

メイトラックは今回の展示会で、最新GPSトラッキングプラットフォームシステムMS03、多機能車載定位トラッカーT1とMVT800、磁気資産トラッカーT355、個人GPSトラッカーMT90を出展します。アイデア交換やお問い合わせなどようこそ!

展示会名称:湾岸情報技術展示会(Gulf Information Technology Exhibition)

展示会時間:2015年10月18日-22日

展示会単位:メイトラックグループ

ブース:ドバイ世界貿易中心、B8-44, Hall 8

By |September 30th, 2015|ニュース|

メイトラック 中国ソーシングフェア2015にご招待

中国ソーシングフェア(China Sourcing Fairs: Electronics & Components )は10月11日から14日まで香港アジア国際博覧館で開催します。中国ソーシングフェアはアジアで最大な電子商品展示会。

 

メイトラックは今回の展示会で、個人GPSトラッカーMT90、車載定位トラッカーT1を出展します。新しい製品子供トラッカーTrackids、磁気資産トラッカーT355と新しいプラットフォームシステムMS03も出展します。アイデア交換やお問い合わせなどようこそ!

展示会名称:中国ソーシングフェア(China Sourcing Fairs: Electronics & Components )

展示会時間:2015年10月11日-14日

展示会単位:メイトラックグループ

ブース:香港アジア国際博覧館、Hall 1, 1P36

By |September 24th, 2015|ニュース|

日本電波工業、小型・高精度の車載用温度補償水晶発振器を開発

日本電波工業は4月21日、動作温度-40度から+105度に対応した、小型・高精度の車載用温度補償水晶発振器(TCXO)「NT2520SB」を開発したと発表した。

新製品は、車載GPSや車載通信向けの周波数発振源として、上限動作温度を従来の+85度から+105度に拡大。温度補償回路の見直しと独自技術により、2.5×2.0mmサイズのTCXOにおいて世界初となる-40度~+105度の広い範囲で温度特性±0.5×10-6の高精度を実現した。

カーナビやテレマティクスの普及に伴い、自動車のエレクトロニクス化、情報端末化が進むことで、自動車に搭載される電子部品の数は増加することが予想されている。しかし、電子部品の中には耐熱性や衝撃性等で設置場所に制約が生じるものも少なくない。

新製品は車載GPSや車載通信向けの周波数発振源として、小型パッケージサイズや温度特性の高精度を維持したまま、上限温度を拡大。さらに、米国自動車産業の規格であるAEC-Q200にも準拠し、従来より厳しい温度条件の下に設置することが可能となり、設置の自由度改善に貢献する。

新製品のサンプル出荷は2015年5月、量産は同年10月を予定。

資料出所:Yahoo!Japan

By |April 24th, 2015|ニュース|

スマホで子どもの迷子を知らせる「デジタル迷子ひも」をキングジムが発売

    キングジムは21日、子どもが一定距離以上離れるとスマートフォンのアラームで知らせる「デジタル迷子ひも」を5月15日に発売すると発表した。価格は4,104円。
    「デジタル迷子ひも」は、10円玉に1cmほどの厚みを付けた大きさの、キーホルダーのようなアイテム。内部にボタン型電池が収納されており、最大1,000時間ほど稼働する。
    子どもに「デジタル迷子ひも」本体を持たせておき、親は無料の専用アプリをインストールしたスマートフォンを持つ。この状態で、子どもが親から指定距離以上離れると、スマートフォンのアラームが鳴り知らせる仕組み。通信にはBluetooth4.0を使用する。
    アラームが鳴る距離は、約8m~30mまでの4段階で設定可能。GPSとは連動しておらず位置を特定することはできないが、スマートフォンから「デジタル迷子ひも」本体のアラームを鳴らして、音の出元を探すことができる。逆に、本体からスマートフォンへも、アラームを鳴らすことができる。
    キングジムでは、子どもに持たせるだけでなく、置き忘れやすい荷物にも使えるとしている。スマートフォン1台あたり、「デジタル迷子ひも」を5個まで同時に管理できる。
    「デジタル迷子ひも」は重さ約7g、大きさはW30×H37×D8mm。本体は白色で、赤または緑色のループをはめて使用する。専用アプリはiOSとAndroidに対応する。

資料出所:Yahoo!Japan

By |April 23rd, 2015|ニュース|

iPhoneに触らずにSOS情報が送れるiOS用多機能リモコン「ビビーコン」

    ゼスティーシステムズはiOSに対応したBluetoothリモコン「ビビーコン」を5月1日以降に全国量販店やキャリア店舗、AppleStoreなどで順次販売を開始する。先行予約として24日よりAmazon内の自社ページとAppBankで受付を開始した。
    「ビビーコン」本体のボタンを押すと、iPhoneなどのiOSデバイスに触れずにSOS情報などを送信することができるサービスで、専用アプリ「ビビーコール」をあらかじめ設定しておけば、メッセージやGPS位置情報と録音された環境音を、アプリやメールを使って指定登録先へと送信することができる。
    仕組みとしては、「ビビーコン」のボタンを押すとBluetoothで自分のiPhoneなどと通信し、そこからiPhoneがモバイル回線を使って指定した連絡先へSOS情報などを届けるというもの。
    また、半径20m以内(Bluetoothの通信距離)のiPhoneが、「ビビーコール」アプリをインストールしていれば、発信者の指定登録先でなくてもSOS情報を受信できる。SOS情報を受け取った人間は、しかるべき場所に連絡したり、通報するなど発信者のアシストを行うことが可能だ。
    他にも「ビビーコン」に対応したアプリ「ビビーカメラ」を使えば、iPhoneのカメラ機能の遠隔シャッターとして使用できたり、遠隔地からスマホ本体を鳴らすこともできるため、置き忘れ防止や電話の着信を装うなど、様々な使い方が可能になる。
    対応OSはiOS8.0以降、「ビビーコン」本体の価格は税込2,980円となっている(アプリ及び利用登録は無料)。
    なお、9月まではトライアル期間のため、SOS情報の発信が無料。10月1日から正式にサービスインとなり、SOS情報の発信は有料となる(受信は無料)。

資料出所:Yahoo!Japan

By |April 23rd, 2015|ニュース|

安全範囲を外れると警告、スマホ連動型の高齢者&子ども向け見守りデバイス

    富優技研は高齢者や子ども向けに、腕時計のような形状をした見守りデバイス「Guardian」を1日より発売開始した。価格はオープン。
    「Guardian」はスマートフォンと連動する見守り用のデバイス。Guardian装着者が事前に指定した範囲から出て行こうとした際に、スマートフォンに音・文字・振動による警告を出す、監視機能などを備える。通信可能距離は戸外で最長45m、室内で最長20m。高齢者や子どもに装着させ、徘徊や迷子の防止に利用してもらうことを想定している。
    専用アプリをインストールしておけば、その場の管理者だけでなく、離れた場所にいる家族や友人を共同保護者に設定して一緒に見守りをしてもらうことが可能。迷子や行方不明になった場合、管理者がアプリで失踪通報を行うと共同保護者のアプリ内にも失踪状態が表示され、見守り対象の位置情報を共有する事ができる。
    スマートフォンとGuardianの接続にはBluetooth4.0を使用。iOS7以降、Android4.3以降のOSを搭載したスマートフォンで利用できる。GPSには対応していない。Guardianにはリチウムボタン電池を内蔵。1週間に16時間電源を入れた場合、最大で6カ月間使用できるという。
    カラーはピンクと水色を用意。本体の重さは6g。本体はIPX5相当の防水機能を持つ。技適取得済み。

資料出所:Yahoo!Japan

By |April 17th, 2015|ニュース|